「Atom」はブログの執筆速度を何倍にもしてくれる理想のエディタだ

SEOのキモは良質なコンテンツ。検索上位を狙うためには読者がシェアしたくなるような内容で、かつ検索エンジンから見てもわかりやすいコンテンツ(ブログ記事)を素早く大量に作る必要があります。私もこのSuzakuをそろそろ仕事の空き時間ではなく本腰を入れて広報していくので、SEOに関する記事をガシガシ作っていく予定です。

そこで最近「コンテンツをより効率的に制作できるエディタはないか」と様々なエディタを試していたのですが、なかなかしっくりくるものがなく苦労していました。文章を書くことに特化しすぎているものは小説家向けで「ネットに載せる文章を書くにはちょっとなぁ」という印象で、かといってプログラマー寄りすぎると操作がぎこちなくて、超シンプルなものを求めてメモ帳で書くと殺風景すぎて…「わがまますぎるだろ!」と言われればそうなのですが、今後ずっと付き合っていくエディタに妥協はしたくなく、ネットでおすすめされているものも含めて試行錯誤の日々を送っていました。

そして、ようやくたどり着いたのが「Atom」というエディタ。バリバリのプログラマ向けということで候補から外れていたのですが、使ってみたところ「これだ!」という手応えがあり、本腰入れて使ってみたところ今までの2、3倍のペースで記事を書けるようになりました。

と、いうわけで今回は「Atom」がいかにブログ記事を書くのに役立つかについて書いていこうと思います。「いつもWordやEvernoteでコンテンツを制作しているけど、不便を感じたことがないからなぁ」と思っている方も、ぜひご一読ください。

「Atom」について

atom_website

AtomはGitHub社が作ったオープンソースのエディタです。プログラマー御用達のサービスを提供している会社が作っただけあって、軽量でさくさく動き、しかも無料。加えてWindows、Mac、Linuxと主要OS全てで使うことができます。カスタマイズ性も高く非常に人気があるエディタです。

正式版がリリースされたのが2015年6月25日なので歴史は浅いのですが、すでにユーザーが多くの拡張機能を開発していることから人気の高さが伺えます。

「Atom」がブログ記事を書くのに向いている4つの理由

Atomはプログラマに人気ということでブログ記事を書くだけの人間には向いてないかぁと思っていたのですが、使ってみたところこれ以上無く記事を書くのに向いていると気づきました。

私がブログ記事を書くのに向いているなと思う理由は以下の4つです。

1:Markdownでスラスラ書けてリアルタイムプレビューもできる

Atomはプログラミング言語だけでなくMarkdownにもばっちり対応しています(GitHubが対応しているんだから当然といえば当然ですが)。文章書いたファイルを拡張子mdで保存するとハイライト表示されるので、新規作成時に拡張子を変更するのをお忘れなく。

ファイルを開くと、画面の左側にファイルを保存したフォルダに入っているファイルがすべて表示されるので、1つのフォルダに記事をまとめて保存しておくと各記事にアクセスしやすくなりますよ。

Markdownとは?

おそらくこの記事をご覧の方でMarkdownについて知らない方は少なくないと思うので、最初にMarkdownについて簡単に解説しておきます。

Markdownは、プレーンなテキストをHTMLに変換するために生まれた軽量マークアップ言語のひとつです。 Markdownで書けば、HTMLがわからない人でも見出し用のタグなどが適用された文章を簡単に作成することができます。

例えば、普通にHTMLタグを適用しつつでブログ記事を書くとこんな感じで書く必要が出てきますが

<h1>記事タイトル</h1>
<h2>見出し</h2>
<p>本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文</p>
<h3>小見出し</h3>
<p>本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文</p>
<p>本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文</p>

Markdownで書くとこんな感じになります。

# 記事タイトル
## 見出し
本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文
 
### 小見出し
本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文
 
本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文

書くコードの量が少なくて済むし、何より見やすくないですか?私は初めてMarkdownで文章を書いた時「いままでどれだけ時間を無駄にしていたんだろう!」と激しく後悔しました。以来、ずっとMarkdownでブログ記事を書いています。

まだMarkdownを試したことがない方、悪いことはいいません、いますぐ転向しましょう。Markdownの記法についてはネット上にある記事を見るなり、自分でチートシートを作るなりして覚えましょう。ブログ記事を書く程度であれば覚えることは驚くほど少ないので、2、3日もあれば習得できるはずです。

リアルタイムプレビューのおかげで記事の修正がしやすい

atom_example_01

AtomはMarkdownで書いた文章をリアルタイムでプレビューすることができます。

書きながらブログでどう表示されるかがだいたいわかるので、「この見出しは長すぎるかな」とか「この章は文章が長すぎるから小見出しをつけたほうがいいな」といった感じで調整してから投稿できるので、公開後の文章の手直しの回数が減ります。

プレビュー機能は、効率よくコンテンツを量産していく時に地味に便利な機能です。

2:黒背景と白文字は執筆に集中しやすい

好き嫌いはもちろんあると思うのですが、黒背景に白文字の組み合わせは集中しやすいです。Markdownで書くと見出しはピンクで表示されるので、位置を簡単に把握できて便利。普通のテキストエディタで書くときに見出しの先頭に「■」とか記号を付けて、投稿時に消すといった手間をかけている人がいると思いますが、Atomで書けばそんな手間もかかりません。

Atomは黒と白の明るさを微妙に調整しているので目にも優しく、「GitHubさんの気遣いすごいなぁ」と感謝することしきり。このエディタを使うようになってから、打った文字を目で追いかけている間に記事を書き終えていた…なんてことは珍しくなくなりました。

書くときの画面の色なんてなんでも一緒だと思うかもしれませんが、目に入る色は人の生産行動に大きく影響すると言われています。Atomは背景色と文字色をカスタマイズできるので、黒背景白文字が気に入らない方は、自分が集中できる色に変更するといいでしょう。

3:MarkdownとHTMLを混ぜても書ける

Markdownは便利なのですが、「文字に色を付けることができない」という弱点があります。ブログ記事を書いているとたまに「ここの文字を赤くしたいな」となることがあると思いますが、そういう時にMarkdownは不便です。

でも、Atomで書くときはその問題は解決できます。下の画像の通り、AtomはMarkdownとHTMLのどちらで書いても同じくプレビューに表示されるし、HTML変換時にエラーが出ることもありません。

atom_example_02

Markdownで文章を書きつつ、文字装飾やid、classを付与したブロックも一緒に書けるエディタを探している方にとって、Atomは理想のエディタになるんじゃないかなと思います。

4:たった2クリックでHTMLに変換できる

プレビュー画面で右クリック→「Copy as HTML」のたった2クリックで、MarkdownをHTMLに変換したコードをクリップボードにコピーできます。コピーしたら、あとはWordpressの管理画面から投稿するだけ。入力画面をテキストモードにして貼り付けて、投稿ボタンを押せば終了です。

atom_example_03

Markdownで書いた文章を、HTMLに変換するオンラインサービスで変換して、コピーして…といった手間をかけていた方は、いますぐAtomに移行しましょう。Atomにすれば、書き終わった後にブラウザを立ち上げるあの面倒な作業からはおさらばです。

1点だけ注意事項があります。各見出し(hタグ)にidが自動で付与されてしまうので、削除することをおすすめします。

Atomはブログ記事の作成スピードを上げる理想のエディタ

私は今までブログ記事はEvernoteで書いていました。ただ、Evernoteのメリットはクラウドで同期されることだけで、見出しの文字サイズをちょっと大きくしてhタグを適用したり、太字部分にstrongタグを適用したりといった手間が面倒でした。

Atomで書くようになってから、この手間は時間を奪うだけでなく、思考もストップさせていたことがわかりました。一度Evernoteで以前と同じスタイルで文章を書いてみたのですが、文字装飾をしている時に次の文章を考えるのは非常に難しく、「あぁ、もうこのスタイルには戻れないなぁ」と痛感しました。

というわけで、いまはすべての記事作成をAtomに移行しています。今後はAtomと共にこのSuzakuを日本、世界に発信する記事をどんどん書いていきます!

この記事をシェアする

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

Suzaku(朱雀)の最新情報をお届けします

1位になるには『理由』が必要だ

Suzaku イメージ

コンテンツの価値を最大化し、検索順位1位を取れる「理由」を作る無料Wordpressテーマ「Suzaku(朱雀)」現在無料配布中。

  • 有料テーマを凌ぐ最高クラスのSEO内部対策
  • 徹底した軽量化による高速表示
  • 構造化データに完全対応
  • 全ページレスポンシブ対応
  • アクセス解析、広告は管理画面から簡単に追加可能
  • カスタマイズ・商用利用可能
無料ダウンロード

関連記事