見た目を変えることなくJPEG画像をロスレス圧縮(容量削減)できるオンラインサービス4選(比較付き)

内部SEO対策において重要な要素の1つになったページの表示スピード。Googleが提供しているPageSpeed Insightsでサイトを開いては「くそー!なんでこんなにスコアが低いんだ!」と悔しい思いをしている方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

スコアを上げるためには色々な施策が必要なのですが、その中で最も簡単にできることの1つが画像の容量削減。JSファイルの読み込み順の変更やソースコードの圧縮などは若干知識が必要で、かつテンプレートをいじらなければならないので初心者のかたには難しいです。しかし、記事を書く時にアップしている画像の容量を削減は、オンラインサービスを使えば簡単に行うことができます。

この記事では、画像を圧縮してくれるオンラインサービスを

  • 大幅に容量を削減してくれる
  • 見た目が全く変わらない

この2つの条件をつけて厳選させてもらいました。さらに、どのサービスが一番画像の容量削減をしてくれるかも比較してみました。

毎回Photoshopで画質を調整して保存している方、フリーソフトでやってみたら容量が削減できたけど画質がひどすぎて使い物にならなくて困っている方、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

元の画像

元画像何にしようかなと思って探していたら、ほどよく容量がでかい画像がねこあつめのスクショしかなかったのでこれを採用することにします。

nekoatsume

この画像の容量は388KBです。

画像圧縮サービスの比較

さて、比較に入りましょう。

JPEG圧縮

JPEG圧縮

最初にご紹介するのはJPEG圧縮。検索すると似たようなサイトがやたらとあるんですが、オープンソースで開発しているんですかね。サイトを見ると分かりますが、PNGとPDFも圧縮できます。

JPEG圧縮で圧縮した画像はこれ。

JPEG圧縮

容量は126KBと半分以下になりました。見た目はほぼ変わっていないように見えます。すごいしっかり見ると若干色が暗くなっているのがわかりますが、「画質荒いな」と感じるレベルの変化ではありません。

JPEG圧縮で圧縮した結果:388KB→126KB(262KB削減)

JPEG圧縮

JPEGmini

jpegmini_mini

次はJPEGmini。このサイトは画像をアップロードすると、アップ前とアップ後の画像をその場で比較できる便利なサービスです。

圧縮した画像はこちら。

JPEGmini

JPEG圧縮と同じく、画質の劣化は全く感じられません。

圧縮後の容量は196KBでした。

JPEGminiで圧縮した結果:388KB→196KB(192KB削減)

JPEGmini – Your Photos on a Diet!

TinyPNG

tinypng

どんどんいきましょう。続いてはパンダのイラストで有名なTinyPNGです。PNGといってるのにjpegも圧縮できちゃう優秀なパンダサービスです。

圧縮した画像はこちら。

TinyPNG

これも全く画質の劣化は感じられず。

圧縮後の容量は156KBでした。

TinyPNGで圧縮した結果:388KB→156KB(232KB削減)

TinyPNG – Compress PNG images while preserving transparency

JPEG Reducer

75

最後は、あまり有名ではないのですがJPEG Reducerというサービス。このサービスは画像をアップするとただ圧縮してくれるだけでなく、サムネイル用の大きさにトリミングした画像まで作ってくれる優秀なサービスです。

圧縮した画像はこちら。

JPEG-Reducer

はい、これも画質に変化はありませんね。本当はもっと画質を抑えたバージョンも作成してくれていたのですが、明らかに粗い部分があったのでパス。

JPEG Reducerで圧縮した結果:388KB→121KB(267KB削減)

JPEG Reducer – FREE online jpeg cruncher and thumbnail maker. Compress your jpegs and photos to make them load faster using our online jpeg shrinker.

各サービスの比較

最後に比較を。

サービス名圧縮後の容量
JPEG圧縮126KB
JPEGmini196KB
TinyPNG156KB
JPEG Reducer121KB

結構差がでましたね…

今回使用した画像ではJPEG Reducerが一番容量を削減してくれましたが、画像によっては他のサービスの方が削減してくれる時があるので気をつけましょう。

※毎回全サービス横断して圧縮して確認するのは面倒なので、1つのサービスに絞ったほうがいいとは思います。

おまけ

今回の記事で使用した元画像と圧縮後の画像をまとめたzipファイルを作っておきました。画質に違いがないかチェックしたい方はダウンロードしてみてください。

compressed_jpeg.zip

この記事をシェアする

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

Suzaku(朱雀)の最新情報をお届けします

1位になるには『理由』が必要だ

Suzaku イメージ

コンテンツの価値を最大化し、検索順位1位を取れる「理由」を作る無料Wordpressテーマ「Suzaku(朱雀)」現在無料配布中。

  • 有料テーマを凌ぐ最高クラスのSEO内部対策
  • 徹底した軽量化による高速表示
  • 構造化データに完全対応
  • 全ページレスポンシブ対応
  • アクセス解析、広告は管理画面から簡単に追加可能
  • カスタマイズ・商用利用可能
無料ダウンロード

関連記事

SEO内部対策

Google公式発表から読み解く、モバイルファーストインデックスで順位が落ちるサイトが持つ3つの特徴

本日11月5日、Google公式ブログでモバイルファーストインデックスのアナウンスがありました。 Google ウェブマスター向け公式ブログ: モバイル ファースト インデックスに向けて PubCon 2016にてコンセプトが発表されて以来なかなか正式なアナウンスがなく、「本...